20代 二人目不妊

20代でも二人目不妊26歳の妊活中

20代二人目不妊です
1人目が、結婚前に付き合ってから4ヶ月で出来た事と
私の年齢が当時21歳だったので、2人目もすぐできると思っていました。

 

26歳になった今もずっと妊活をしていますが、着床すらせず妊娠検査薬の陽性を一度も見ていない事に焦りを感じています。

 

私自身が妹と5歳離れているので年の差兄弟は抵抗が無かったのですが、
自分より離れてしまうのでちょっと想像がつかず、これから不安になります。

 

最初の病院は普通の産婦人科で一年間はクロミッドの服薬でタイミングをとっていたのですが、
それでも駄目で不妊専門の病院に転院したときは、正直『何でそこまでしないと授かれないんだろう』と自分の体を悔やみました。

 

検査をしても夫婦ともに異常なしなのですが、異常があった方が原因を治したら妊娠やすいのにと複雑な思いでした。

 

幼稚園では、下の子を連れてお迎えに来ている人がいて見てるだけで辛いし、
保護者同士の会話で上の子や下の子の話をされると会話に入れません。

 

中には事情を知らない人から『二人目は?』や『一人じゃかわいそうだから産んだ方がいいよ』や『一人は楽でいいよね』と言われて傷つきます。

 

保護者には20代の内に産むと漠然と伝えてありますが、
このままでは30代に突入しそうで、どう言い訳しようかと今から考えています。

 

まだ、周りには正直に不妊である事を話す気にはなれません。
子どもが5歳になると思っていることも正直に言ってくれるので、
最近では『一人じゃ寂しい』や『赤ちゃん来ないの?』と泣きながら言われて、私も泣きそうになりました。

 

主人はもともと治療には協力的でしたが、体外受精は金銭的な理由で断られていましたが、
子どもの思いを知ってからやっとステップアップを了承してくれました。

 

嬉しいけど、主人は36歳なので遅い決断です。
自分でも遅いと自覚しているようで、主人にも焦りが見えてきました。
今まではそこまで欲しいと思ってなかったのかもしれません。
二人目が欲しいという気持ちのズレがあったから、コウノトリも来なかったのかな…なんて思います。
今、家族三人が赤ちゃんを真剣に望んでいるので、コウノトリも迷わず来て欲しいなと思います。

実際に妊活の為に行った事・行っている事

ハッピーブレッシングのルイボスティーや葉酸サプリメントを毎日服用。
基礎体温を毎日つけて記録する。
ストレスを溜めないように定期的に好きなことをする。
湯船に浸かってマッサージをして血行をよくする。
夏でも腹巻をしたり、冷たい食べ物は控えて体を冷やさないようにする。
不妊専門の病院に通いタイミング療法や人工授精を行う。
神頼みで携帯電話の待ち受け画面を『木村さん』というキャラクターにしたり、
コウノトリキティーのストラップをつけたり、京都の鈴虫寺で子宝祈願したりする。

20代後半女性/妊活暦2年以上